番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和3年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、澤村隆幸、大塚直哉

第496回(平成20年3月26日)
合評番組 テレビ番組「チャリティスペシャル2008」
内容

放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が26日、岐阜放送本社で開かれた。
岐阜放送側からは寺畠健社長らが出席し、テレビ番組「チャリティスペシャル2008」(3月20日午後1時~同3時)について、委員の意見や提言を聞いた。
委員からは「司会のコメントが温かくてよかった」「中高年のボランティアの方にとって生きがいの示唆になるのでは」といった意見や、「生放送の良さをもっと出してほしい」「コーナーが多いので、番組として統一感が出る工夫を」との提言があった。次回は4月23日に開催される。

【出席者】
杉山博文(岐阜女子大学理事長)田代久美子(伊藤青少年育成奨学会常務理事)しいの実(音楽家)水谷晃三(文溪堂会長)髙橋泰之(安部日鋼工業社長)片桐多恵子(中部学院大学短期大学部学長)堀尾茂之(全国農業協同組合連合会岐阜県本部県本部長)山口嘉彦(エスラインギフ社長)
【リポート提出者】
車戸美智子(画家)増田好則(県広報課長)