番組審議会

番組審議会とは、「放送法」に基づき、岐阜放送が放送する番組の向上を図るため、放送番組等の審議を行うための審議機関です。岐阜放送の番組審議会委員は8名です。 テレビ・ラジオの番組のほか、放送全般についてのご意見やご提言をいただき、県民の皆さまによりよい番組づくりをお届けできるよう、参考にさせていただいております。

令和3年度 委員(敬称略)
<委員長> 西村寿文
<副委員長> 大橋和彦
<委員> 平井良樹、森嶋篤男、大野正博、嘉根礼子、澤村隆幸、大塚直哉

第586回(平成29年3月22日)
合評番組 テレビ番組「がんばれ!多治見高校~甲子園初出場への軌跡~」
内容

◆放送日時:3月15日(水) 午後6時00分~同6時20分


◆番組概要
 昨秋の県大会で初優勝し、学業との文武両道の実践や、他の部活動と
 グラウンドを共有するなどの、恵まれない環境を克服した多治見高校。
 これまでの取り組みのほか、兵庫県の報徳学園高校と対戦することと
 なった、大会への意気込みなどを過去の映像を交えながら紹介する。

放送法に基づき、番組の向上を図るために開催される岐阜放送番組審議会が、3月22日、岐阜放送本社で開かれ、3月15日に放送された、テレビ番組「がんばれ!多治見高校」について審議した。
委員からは「限られた時間の中で内容が凝縮されていた」や「選手の意気込みが良く伝わってきた」などといった意見の一方で、「21世紀枠についてもう少し説明が欲しかった」などの提言があった。

 
【出席者】
岩田金治、中村正、山口勝司、小川二郎、西村寿文、川本敏、大澤伸司