ニュース

岐阜県議会新議長に佐藤武彦氏

岐阜県議会は7日、臨時会を開き、新たな議長に関市・美濃市選挙区選出で、県政自民ク...

 岐阜県議会は7日、臨時会を開き、新たな議長に関市・美濃市選挙区選出で、県政自民クラブの佐藤武彦氏(63)を選出しました。

 佐藤議長は2005年に県議会議員に初当選して現在5期目で、これまで副議長や監査委員などを歴任してきました。

※佐藤武彦 新議長
 「県議会が県民の皆さまからの負託に十分に応えられるよう、議会活動のより一層の活性化を目指すとともに、円滑な議会運営を通じ県政発展のため全力を尽くして参ります」

 一方、副議長には岐阜県各務原市選挙区選出で、県政自民クラブの松岡正人氏(57)が選出されました。

 正副議長の任期は4年ですが、県議会では慣例により1年で交代しています。

 臨時会ではこの他、笠松競馬の騎手らによる馬券不正購入問題を受け、構成団体の長である古田肇知事の給与の減額と、岐阜県地方競馬組合の管理者を笠松町長から副知事に変更する条例や規約の一部改正案が可決されました。

関連記事