ニュース

  • ニュース一覧
  • コロナ禍の「生理の貧困」から女性を守る 岐阜県各務原市が生理用品を無料配布

コロナ禍の「生理の貧困」から女性を守る 岐阜県各務原市が生理用品を無料配布

岐阜県各務原市は12日、新型コロナウイルスの影響などで困っている女性を支援しよう...

 岐阜県各務原市は12日、新型コロナウイルスの影響などで困っている女性を支援しようと市が備蓄する生理用品を無料で配布しています。

 コロナ禍などで経済的に困窮し、生理用品が買えない事態は「生理の貧困」と呼ばれ、社会問題になっています。

 各務原市はこれらの人を支援しようと、防災備蓄品のなかから更新の時期を迎えた生理用品280セットを市の総合福祉会館と東保健相談センターで無料で配り始めました。

 配布に本人確認や申請書の記入はいらず、中身が見えない袋に入れるなどプライバシーにも配慮しています。

※利用した37歳女性
 「やっぱり毎月使うものなのですごく便利だし、あまりない試みだと思ったので利用しました」

関連記事