ニュース

  • ニュース一覧
  • 中部9県知事、ワクチン接種の円滑実施を国に求める 中部圏知事会議

中部9県知事、ワクチン接種の円滑実施を国に求める 中部圏知事会議

岐阜県など中部9県の知事らによる中部圏知事会議が17日行われ、ワクチン接種の円滑...

 岐阜県など中部9県の知事らによる中部圏知事会議が17日行われ、ワクチン接種の円滑な実施を盛り込んだ新型コロナ対策の強化を求める国への提言をまとめました。

 この会議は年に2回開かれているもので、今回は新型コロナの影響でウェブ会議で行われました。

 会議では新型コロナ対策の強化を求める国への提言をまとめ、2020年10月の提言の内容に加え、新たにワクチン接種の円滑な実施のため、より具体的な供給スケジュールや配分量を速やかに示すよう求めています。

 一方、会議で岐阜県の古田肇知事は、高齢者向け接種後の一般接種に向けて、教員や保育士などを例に挙げ、優先的に接種する対象を市町村と検討していく考えを示しました。

 また古田知事は会議で15日、岐阜県を緊急事態宣言の対象に追加するよう政府に要請したことを明らかにしました。

※古田肇知事
 「(西村大臣は)岐阜県の状況もフォローさせてもらっていますということで、よく分析をしていきたいということでした」

関連記事