ニュース

  • ニュース一覧
  • 次期衆院選岐阜1区、元囲碁棋士の土田氏が出馬表明

次期衆院選岐阜1区、元囲碁棋士の土田氏が出馬表明

次の衆議院議員選挙の岐阜1区に元囲碁棋士の土田正光さん(76)が18日、無所属で...

 次の衆議院議員選挙の岐阜1区に元囲碁棋士の土田正光さん(76)が18日、無所属での立候補を表明しました。

 土田さんは囲碁棋士として日本棋院の理事を務めたほか、1979年には九段となり、2005年に引退しました。

 2019年の岐阜県議会議員選挙では岐阜市選挙区から立候補し、落選しています。

 岐阜市内の自宅で会見した土田さんは、最も取り組みたい施策に財政再建を挙げ、「国民の意識を変えなければならない」と立候補の理由を語りました。

 なお次の衆院選岐阜1区には、共産党の新人山越徹さん(51)と、立憲民主党の新人川本慧佑さん(29)が既に立候補を表明し、自民党の現職野田聖子さん(60)も立候補が見込まれます。

関連記事