ニュース

  • ニュース一覧
  • 大雨の避難勧告を廃止、レベル4は「避難指示」に一本化 必ず全員避難を

大雨の避難勧告を廃止、レベル4は「避難指示」に一本化 必ず全員避難を

私たちの命を守る重要な情報です。 大雨などの時に自治体が発表する避難の情報につい...

 私たちの命を守る重要な情報です。

 大雨などの時に自治体が発表する避難の情報について20日から、「避難勧告」が廃止され「避難指示」に一本化されました。

 避難などに関する情報は、5段階の大雨警戒レベルに分けて運用されてきましたが、分かりにくいなどの意見が根強かったことから変更されました。

 レベル3の「避難準備・高齢者等避難開始」は「高齢者等避難」に変わり、移動に時間のかかる人はこの段階で避難することを求めます。

 また、高齢者以外でも必要に応じて自主的に避難するタイミングになります。

 レベル4は逃げ遅れを減らすため「避難指示」に一本化されました。

 これまで避難勧告が出されていたタイミングで発表され、危険な場所から全員が避難することが求められます。

 レベル5は「緊急安全確保」に変わり、すでに命の危険が差し迫っている状況です。

 「緊急安全確保」は必ず出されるものではありません。

 住民からは分かりやすくなったという声が聞かれました。

※街の人
 「高齢者の人に早く伝えて頂ければ、どうしても足が悪く出るのが遅いので、(避難指示に)変わったことは嬉しいと思います」

※街の人
 「(避難指示に)変わっても(避難状況は今までと)同じような状態になる」

 専門家は日ごろから備えておくことも大切だと話します。

※岐阜大学 地域減災研究センター 村岡治道特任准教授
 「今までの情報では、いくら情報を出しても自分事ととらえていただけてないようだったので、そこが命を守るという行動に結びつかない問題点だと思います。早速ハザードマップでお家に水が来るのか、土砂が来るのか自宅の危険性をチェックしてみてほしい」 

 レベル5を待つことなくレベル4の「避難指示」の段階で避難することが重要です。

関連記事