ニュース

  • ニュース一覧
  • 【20日・市町別詳報】岐阜県で2人死亡、108人感染確認 放課後児童クラブやBBQ関連で新たなクラスター2件認定

【20日・市町別詳報】岐阜県で2人死亡、108人感染確認 放課後児童クラブやBBQ関連で新たなクラスター2件認定

 岐阜県と岐阜市は20日、新型コロナウイルスの感染者が新たに108人確認され、2人が死亡したと発表しました。

 新規感染者が100人を超えるのは3日連続です。

 また、新たにクラスター(感染者集団)が2件認定されました。

 羽島郡笠松町の家族に関連したクラスターは、放課後児童クラブの利用を通じてスタッフや児童ら合わせて6人に感染が広がっています。

 海津市や大垣市などの若者グループに関連したクラスターは、バーベキューなどをした20代3人を含む5人の感染が分かりました。

 重症者は19日から2人増え19人となっています。

 病床使用率は71・2%と7割を超える高い状態が続いていて、県の担当者は「若い世代でも容体が急変するケースが増えており、病床を確保しておくことが必要だ」と訴えました。

 県内の感染者はあわせて7888人に、死者は148人となりました。

 感染者108人の内訳は、岐阜市が37人、瑞穂市が17人、美濃加茂市・可児市が6人ずつ、各務原市が5人、大垣市・高山市・多治見市・中津川市・山県市・飛騨市が3人ずつ、瑞浪市・羽島市・土岐市・下呂市・養老町・愛知県が2人ずつ、関市・恵那市・岐南町・笠松町・揖斐川町・坂祝町・川辺町が1人ずつです。

 隣県の新規感染者数は、愛知県が633人、三重県が36人です。

関連記事