ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県高山市で「車田」の田植え 県の重要無形民俗文化財

岐阜県高山市で「車田」の田植え 県の重要無形民俗文化財

岐阜県高山市松之木町にあり、岐阜県の重要無形民俗文化財に指定されている丸い形の田...

 岐阜県高山市松之木町にあり、岐阜県の重要無形民俗文化財に指定されている丸い形の田んぼ「車田」で田植えが行われました。

 車田は今では高山市と新潟県の佐渡の2カ所しか残されておらず、車田を後世に残そうと地元有志でつくる保存協力会が中心となって維持管理をしています。

 揃いの法被姿で笠をかぶった協力会のメンバー11人が、直径約23㍍の車田に入り、中心に打った木の杭から同心円状に昔ながらの手作業で苗を植えていきました。

※車田保存協力会 大森茂樹会長
 「今後、若い人にも入会してもらい、末長く活動が続けられるよう願っています」

 秋には約180キロのコメが収穫できる見込みということです。

関連記事