ニュース

  • ニュース一覧
  • 外国籍住民感染対策 利用店や派遣事業者へ呼び掛け強化 岐阜県と県内7市6町

外国籍住民感染対策 利用店や派遣事業者へ呼び掛け強化 岐阜県と県内7市6町

岐阜県美濃加茂市と可児市を中心とした外国籍住民に新型コロナウイルスの感染が拡大し...

 岐阜県美濃加茂市と可児市を中心とした外国籍住民に新型コロナウイルスの感染が拡大していることを受け、岐阜県は31日、両市と周辺の市町を対象にした対策会議を開きました。

 岐阜県は24日から美濃加茂市、可児市と連携して「外国人県民」感染防止強化対策を実施しています。

 会議はこの強化対策の一環で初めて開き、県をはじめ多治見市や関市、加茂郡など7市6町から担当者16人が出席しました。

 マスクの着用や密の回避といった感染対策の啓発について、美濃加茂市は「外国籍住民の利用が多い店舗などへ呼び掛けていく」、可児市は「小規模な派遣事業者にも協力を求めたい」と方針を示しました。

 一方、周辺の市町からは「労働者の受け入れ企業へより一層働き掛けていきたい」との意見が出ました。

関連記事