ニュース

  • ニュース一覧
  • 「まん延防止」延長 岐阜県知事「もうひと踏ん張り、対策徹底を」

「まん延防止」延長 岐阜県知事「もうひと踏ん張り、対策徹底を」

新型コロナウイルスで岐阜県に適用されているまん延防止等重点措置は、1日から20日...

 新型コロナウイルスで岐阜県に適用されているまん延防止等重点措置は、1日から20日までの延長期間に入りました。

 古田肇知事は1日の会見で、「もうひと踏ん張りということで対策を徹底してもらいたい」と、引き続き警戒を呼び掛けました。

 岐阜県の感染状況は、12日連続で新規感染者が100人を下回り、病床使用率も改善傾向が続いています。

 1日の記者会見で古田知事は、現在の感染状況について「数字は良い方向に向かっている」とした一方、インド株などの新たな懸念を踏まえ、引き続き対策の徹底を呼び掛けました。

※古田肇知事
 「感染力の強い変異株との戦いですから少しでも緩みがあれば(状況は)反転しかねない。県民の皆さまには不自由をおかけするが、ここはもうひと踏ん張りということで対策を徹底していただきたい」

 一方、ワクチン接種について古田知事は、高齢者向け接種を終えた後の一般接種について、一定の優先順位が必要との認識を示しました。

 古田知事は「保育士や教員などより多くの人に接してサービスをする分野について、優先的にみる必要がある」と述べ、週内にも医療関係者らから意見を聞き、方向性をまとめるとしました。

関連記事