ニュース

  • ニュース一覧
  • "笑顔の密を集めたい" 医療従事者へ感謝のモザイクアート 難病「筋痛性脳脊髄炎」患者会が岐阜市へ寄贈

"笑顔の密を集めたい" 医療従事者へ感謝のモザイクアート 難病「筋痛性脳脊髄炎」患者会が岐阜市へ寄贈

原因不明の痛みや激しい疲労感が続く難病「筋痛性脳脊髄炎」を知ってもらおうと活動し...

 原因不明の痛みや激しい疲労感が続く難病「筋痛性脳脊髄炎」を知ってもらおうと活動している団体が、医療従事者に感謝するモザイクアートを岐阜市に寄贈しました。

 患者会「笑顔の花びら集めたい」が岐阜市に贈ったのは、たくさんの笑顔の写真でつくったモザイクアート「笑顔の密を集めたい」です。

 会のSNSで笑顔の写真に「#笑顔の密」を付けて投稿するよう呼び掛けこの病気の啓発カラー、そして医療従事者への感謝を表すカラーがブルーであることから、ブルーが基調の優しさが伝わるアートに仕上げました。

 市役所には患者会の代表で、自身も闘病生活を送る塚本明里さんらが訪れ、柴橋正直市長にモザイクアートを贈りました。

※笑顔の花びら集めたい 塚本明里代表
 「保健所はコロナ対策に奔走されているので、保健所のみなさんにこのモザイクアートを見て、少しでもほっとする時間をお届けできたらと思いますし、そこに訪れた市民の方々にもコロナ収束を一緒に願う、そんなモザイクアートになるといいなと思います」

 このモザイクアートは、保健所に展示されます。

関連記事