ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県警、交通死亡事故多発を受け緊急対策 交差点監視や取り締まり強化

岐阜県警、交通死亡事故多発を受け緊急対策 交差点監視や取り締まり強化

岐阜県で交通死亡事故が多発していることを受けて、県警は交差点での監視を強化するな...

 岐阜県で交通死亡事故が多発していることを受けて、県警は交差点での監視を強化するなど緊急対策に乗り出しました。

 県内では5月28日から1日までの5日間で、交通死亡事故が5件起きました。

 いずれも高齢者が関係しました。

 2021年に入ってから2日までの死者は27人となり、増加数が全国ワースト1位です。

 これを受けて県警は、2日から幹線道路や主な交差点での監視を強化しているほか、交通取り締まりに力を入れるなどの緊急対策にのりだしました。

 また、道路の情報板に「死亡事故続発 安全運転」を掲示し注意を呼びかけています。

 県警の川瀬貴敏交通部管理官は「道路を通行するひとりひとりが事故防止に努めてもらいたい」と話しています。

関連記事