ニュース

  • ニュース一覧
  • 岐阜県八百津町を「まん延防止」に追加 県内高齢者施設で最大規模のクラスター

岐阜県八百津町を「まん延防止」に追加 県内高齢者施設で最大規模のクラスター

岐阜県加茂郡八百津町で、デイサービス施設の利用者らに県内で最大規模の新型コロナウ...

 岐阜県加茂郡八百津町で、デイサービス施設の利用者らに県内で最大規模の新型コロナウイルスのクラスターが確認されていることを受けて、県は「まん延防止等重点措置」の対象区域に、新たに八百津町を追加することを決めました。

 八百津町では3日までに、町内のデイサービス施設と養護老人ホームで職員や利用者らあわせて46人の感染が判明しました。

 県内の高齢者施設では最大規模のクラスターとなっています。

 これを受け4日、県庁で古田肇知事と金子政則町長が記者会見を開き、八百津町が独自の緊急事態宣言を出し、県は新たに「まん延防止等重点措置」の対象区域に追加することを明らかにしました。

※古田肇知事
 「まん延防止等重点措置の対象に入れて、市中まん延を徹底的に防ぐ。町全体として緊急事態宣言をされるので、それに歩調を合わせてやっていくべきだろう」

 措置の期間は5日から20日までで、すでに対象区域になっている22の市と町と同様に、飲食店の時短営業に加え、酒類の提供の自粛を要請します。

 また、町は6月14日までに、全ての高齢者施設でワクチン接種を終えるなどの対策を強化する方針です。

関連記事