ニュース

  • ニュース一覧
  • FC岐阜、福島を2-1で制し2位浮上 J3リーグ上位対決

FC岐阜、福島を2-1で制し2位浮上 J3リーグ上位対決

 サッカーのJ3リーグ第10節で、FC岐阜は福島ユナイテッドFCと対戦し、2対1で勝利し順位を2位に上げました。

 3位福島と4位岐阜の上位対決は、前半7分にリーグ戦初先発の柏木が吉濱のクロスに飛び込んで、足で合わせて待望のJ3初ゴールで先制しました。

 35分に福島の樋口にボレーで同点ゴールを決められたものの、その2分後に相手DFのクリアミスのボールを柏木がエリア内から戻して、舩津が右足でゴールに叩き込み、2対1で前半を折り返しました。

 後半に入っても、ボール支配率では福島が上回るものの、守って攻める形からシュートまで持ち込む岐阜が粘り強い守りでゴールを許さず逃げ切り、福島の5連勝を阻み岐阜が2試合ぶりの白星で、通算成績を6勝1分3敗として勝点を19に伸ばし、順位を2位に上げました。

 今季初ゴールとなる決勝ゴールを決めた舩津は「好調福島に勝てたことは大きい。勝点3を積み上げていくだけです」と喜びを語りました。

 今節、勝点20の首位富山は試合がなく、6日の結果、2対0で八戸を下した宮崎も勝点を19とし、岐阜とともに勝点差1で富山を追走しています。

 FC岐阜は次節6月12日(土)、ホーム長良川競技場でリーグ前半戦のヤマ場となる、勝点19で並ぶ3位宮崎との直接対決で上位混戦模様の中、首位を狙います。

関連記事