ニュース

  • ニュース一覧
  • 立憲、国民両県連と連合岐阜 次期衆院選に向け連携確認 県内小選挙区で勝利目指す

立憲、国民両県連と連合岐阜 次期衆院選に向け連携確認 県内小選挙区で勝利目指す

次の衆議院選挙に向けて、立憲民主党県連と国民民主党県連、それに連合岐阜の三者は、...

 次の衆議院選挙に向けて、立憲民主党県連と国民民主党県連、それに連合岐阜の三者は、連携して岐阜県内の小選挙区で勝利を目指すとの確認書を取り交わしました。

 確認書では、立憲民主党県連と国民民主党県連、それに連合岐阜は、次の衆議院選挙で県内に5つある全ての小選挙区で勝利するため、総合選挙対策本部を置いて三者が連携して一丸となって取り組むとしています。

※立憲民主党県連 渡辺嘉山代表
 「次の衆議院選挙、本当に大事な選挙だと考える。これまでの安倍政権から続く政権に、本当にへき易している状況の中、なんとしても勝たなければいけない」

 会見で連合岐阜の髙田勝之会長は、与党と拮抗するために合意したと説明し、国民民主党県連の伊藤正博代表は岐阜2区の公認候補者を当選させ、その他の選挙区では立憲民主の候補者を最大限支援するとしました。

関連記事