ニュース

岐阜県内、2日連続の真夏日予想

 移動性高気圧に覆われた岐阜県内は、7日に続き8日朝から気温が上昇し、県内各地で夏本番の陽気となっています。

 7日の観測23地点すべてで2021年の最高気温を記録した岐阜県内は、8日も午前9時までに美濃地方平野部で25度を超える夏日となり、午前11時までに多治見で30・6度と真夏日となったほか、正午時点では揖斐川31・8度、岐阜・美濃31度、美濃加茂30・2度などとなっています。

 7日に33・9度まで上がり、全国1位を記録した揖斐川は、午前9時で24・9度、正午で31・8度となっています。

 8日の日中の最高気温は、岐阜で2日続きの真夏日となる33度が予想され、熱中症に注意が必要です。

 また、7日に30・3度を記録した高山は、午後雲が広がる見込みで28度の予想となっています。

 岐阜地方気象台によりますと、9日は気圧の谷が次第に離れ、各地で晴れる見込みで、引き続き暑さ対策に注意が必要です。

 なお、空気が乾燥しており、美濃地方には乾燥注意報が出されており、火の取り扱いには注意して下さい。

関連記事