ニュース

  • ニュース一覧
  • 企業の悩みや起業をアドバイス 岐阜市で産学官連携の組織設立

企業の悩みや起業をアドバイス 岐阜市で産学官連携の組織設立

コロナ禍で疲弊した地域経済の立て直しを目的として、地元企業の抱える悩みや、起業を...

 コロナ禍で疲弊した地域経済の立て直しを目的として、地元企業の抱える悩みや、起業を考える人に、産学官が連携して支援するための組織が9日、岐阜市内で設立されました。

 新しく設立された企業支援組織「岐阜みらいポータル協会」では、産学官とさまざまな業界の専門家が連携して、幅広い知見により、実践的なアドバイスを行います。

 例えば、企業が広告を出す場合、PR後の支援までを一貫して行うなど、スタートアップからプロモーションまでを循環的にサポートすることで、持続可能な地域経済の活性化を目指します。

 今後、地元企業の魅力を掲載したポータルサイトを設立し、企業のデータベース化を行い、ビジネスマッチングも狙います。

 「岐阜みらいポータル協会」の会長に就任した、「ぎふIT・ものづくり協議会」の豊田良則会長は、「コロナ禍やDX(=デジタル・トランスフォメーション)化推進など、大きな社会変化の中で、地場産業の活性化支援を目指す」と、設立の意義を強調しました。

 対象は、岐阜市内とその近郊の企業を想定していますが、将来的にはエリアの拡大も考えたいとしています。

関連記事